近ではネットバンキングのIDや、パスワードが盗まれてお金が不正送金されるという被害が続出、急上昇していてかなりの問題になっています。 その被害額はなんと、2014年の上半期で「18億円余り」というから驚きです。

そして、この数値は昨年の上半期のなんと「9倍」という事ですから、いかに被害が急上昇しているかが伺えます。 十分注意をして管理していかなくてはなりませんね♪

不正アクセスに注意

また、IDやパスワードについてはネットバンキングだけではなく、webサイトにログインしたり、今流行りの、Lineや、Facebookなどでも、必ず使うモノですが、直ぐに忘れてしまったり、管理するのが大変という理由だけで、同じID、同じパスワードを使いまわしをしている人がかなりいらっしゃいます。

しかし、万が一登録していたwebサイトに情報漏えい事件などが起きたら、その情報を基に他のwebサイトで悪用する事もできてしまうのです。 これが、同じID、同じパスワードを使いまわししていはいけない最大の理由です。

 

はどうしたら良いのか? というと、方法にはいろいろとありますが、やはりパスワード管理アプリ、パスワード管理ソフトと呼ばれるモノを使うのが一番簡単で安全です。 中でも筆者が使っているID Manager」という無料ソフトはお勧めですのでご紹介します。

以下はリンクになっていますので、見たいカテゴリを選択されてください。 勿論、そのままスクロールして頂いても構いません。

ID Managerとは

ID Managerのダウンロードとインストール

ID Managerの設定&使い方

自動パスワード生成ツールの使い方

 

ID Managerとは

ID Managerとは、最大10.000個までのID情報を登録可能な無料ソフトで、面倒なパスワードを自動で生成してくれる「パスワード自動生成機能」が標準装備されています。

idmanager-1

画像はGmailの情報を出力した画面です。

 

autopass

この他にもクリックするだけで登録したURLや、メールアドレスにアクセスできたり、ボタン一つでID入力フォームへの自動入力ができたり、いろんな条件での検索も可能な、便利な機能が満載の総合管理ソフトです。

 

ID Managerのダウンロードとインストール

では、早速ID Managerをダウンロードしてみましょう!

1)下記のサイトへ行って「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックします。

http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se178553.html

downlord

2)すると、ダウンロード中という画面が表示され、「このファイルを保存しますか?」というダイアログが表示されますので、「ファイルを保存をクリックします。

WS000007

WS000006

 

3)パソコンのダウンロードフォルダの中に「idm810.exe」というアプリケーションが入っていますのでダブルクリックして実行します。

アプリファイル

 

4)ID Managerのインストーラーが立ち上がりますので、指示に従ってインストールを行います。 以下、図の様に進んで頂ければ問題ありません。

インストール画面で次へに進む

 

ライセンス契約の画面でライセンスの確認をする。

 

ライセンスに承諾できれば同意するをクリックする。

 

コピー先フォルダの指定を行う。

 

インストール続行の確認、問題なければはいをクリック。

 

ショートカットの作成画面

 

インストール完了!

 

以上でインストールは完了です。 お疲れ様でした^^  デスクトップ上に下の様なID Managerのショートカットが作成されているはずですのでご確認ください。

ショートカットアイコン

 

ID Managerの設定&使い方

では、早速ID Manageを使っていきましょう!

設定

ID Managerのショートカットをダブルクリックすると「ログイン」画面が表示されますので、「新規ユーザー」をクリックしてあなたのユーザー名とパスワードを入力してください。

ログイン画面の画像

新規登録ユーザー入力画面

※、ユーザー名は任意の名前でオッケーです。
※、ここで入力したパスワードだけは保存できませんので、覚えておくか何かにメモして忘れないようにしてください♪ 次回起動する時には、ここで入力したユーザー名とパスワードでログインします。

 

OKをクリックするとID Managerの初期画面が表示されます。

初期画面の画像です。

使い方

まず、ID Managerのフォルダアイコンをクリックすると、左側にフォルダが作成されます。

フォルダアイコンをクリック

試しに5回くらいクリックするとこんな感じになります。

サンプル画像-1

 

「Group0」のフォルダをクリックすると「Title」の名前が変更できますので、右側のTitle欄のところにカーソルを合わせて、ここでは例として「インターネット」と入力します。

タイトル入力画面

インターネットと入力しました

左側にあるフォルダの名前もインターネットに変わります。

 

次に、テキストのアイコンをクリックします。

テキストアイコンの画像

すると、先ほど作ったインターネットフォルダの下に「Item0」という、ツリー状のテキストが作成されます。

テキスト画面画像

同様に、右側のTitle欄にカーソルを合わせて、Titleを変更、入力します。 ここでは例としてアメブロと入力します。

ameblo

先ほどと同様に左側の表示がアメブロに変わりましたね♪  この様に、管理したい情報をカテゴリ分けする事ができますので、あなたの使い易い様にカスタマイズされて下さい。

同じ様に「Acount ID」「Password」「URL」の欄を埋めていきます。 埋め終わったら左上にあるフローピーディスクのアイコンをクリックして保存します。

保存画面の画像

 

IDやパスワードを隠したい時には、「ACC」「PASS」をクリックすると下図の様に隠す事が出来ます。

パスワードを隠す場合

ホームページや、webサイトにログインする時は、地球のアイコン赤丸部分をクリックすると(URLを入力してある場合)ログイン画面に飛びます。  そして、赤いアンダーラインの引いてあるところをクリックするとIDやパスワードがコピーされますので、ログイン画面に各々ペーストする事が可能です。

便利な機能があります。

 

 

自動パスワード生成ツールの使い方

このID Managerにはとても便利で心強い自動パスワード生成機能が標準装備されています。 面倒なパスワードはこの自動生成ツールで作ってしまいましょう!

使い方は簡単! ID Managerのアイコン一覧の右端にある「Pass」アイコンをクリックすると自動生成ツールが立ち上がります。

パスワード自動生成ツール画像

パスワード自動生成画面

上図では、英字の大文字、小文字、数字にチェックが入っていますが記号も入れると最も強いパスワードが生成されます。 但し、webサイトによっては、使えない場合がありますので、任意で設定されてください。

文字数は1文字~128文字までの設定が出来ます。 「パスワード生成」をクリックするとパスワードが表示されますので、「クリップボードにコピー」をクリックする事でコピーが出来ます。

そのコピーしたものをID Managerにペーストすれば良いわけですね♪ 尚、パスワード生成を2回、3回とクリックする事で、次々にパスワードが変わりますので、パスワードが気に入らない場合は調整されてください。

以上、IDやパスワードの管理にお勧めのアプリ(無料ソフト)のご紹介でした。